味の素パッケージング株式会社

社長挨拶

  味の素パッケージング株式会社は、味の素グループの一員として包装生産、国内外への技術支援や構内ロジスティクス、出荷管理業務などに関する様々なサービスと技術をお客様に提供しています。

  パッケージング(包装)は商品の顔であり、中身の製品を安全・安定に保護するだけでなく、使い易くて地球環境に優しく、製品の中身情報をお客様へ的確に提供すると同時に商品価値を訴求することが求められます。そのためには製品や包材の特性を理解し、中身充填や箱詰めなどの包装設備の知識はもとより、生産品質を高める現場力が強くなければお客様ニーズに応えることは出来ません。私たちは包装を主軸とした高い技術力・生産現場力・品質つくり込み力、そして豊富な経験により、世界中に「味の素ファン」を増やし続ける活力あるものづくりのプロ集団を目指し、従業員一人ひとりが成長し、会社もグローバルに成長し続けます。そして、お客様価値の変化をいち早く察知し、それを確かな商品のカタチとして提供し、日本はもとより世界各国の市場を視野に入れて、確実にお客様の期待へ応えていきます。

  私たちは「味の素グループ理念」を念頭に置き、お客様へ信頼と笑顔をお届けする包装を主軸としたものづくり価値創造企業を目指し、従業員全員が一丸となり、お客様満足のために考え続け、明るく誠実に邁進いたします。そして、味の素パッケージング株式会社は他社の追随を許さないスペシャルティーを追究し、社会から愛され信頼される企業を目指してまいります。

代表取締役社長 森 重徳